ズワイガニ

【カニ好き待望の富山カニ祭り】手頃な値段で美味しいズワイガニが手に入る

27歳のアラサー、女性です。富山県に住んでいます。こちらでは年に一度(大体いつも10月ほどに)、射水市のきっときと市場というところでカニ、白えび祭りを開催しています。白えびというのは富山では回転寿司でも頼めるので、大体の人はカニの直売目的に行きます。

主人と私は大のカニ好きで、経済的にしょっちゅう食べられるようなお金持ちではないので、いつも年に一度のカニ祭りを楽しみにしています。そして、主人と今年もカニ祭りに行ってきました。

【年に一度のカニ祭り】美味しいズワイガニを求め、朝5時に起きて出発

漁師さんが水揚げしたカニを買いにいくのですが、このカニを買いに行くのがまた大変なんです。カニ祭り開催は朝の8時ですが、朝6時頃では行列が出来ており、今年は朝の5時に起きて向かいましたが、すでに50人ほどの行列が出来ていました。

そして開催の8時になると、「慌てないで下さい、押さないで下さい、走らないで下さい」のスタッフの掛け声もなんのその…。みんな小走りで、あわよくば順番を抜いていく人たちもいますので、頭では分かっているのですが小走りになってしまいます。

新湊産の紅ズワイガニが人気、中~大サイズはハズレが少なく美味しい

私たちは三大蟹の中でも甘く感じられるズワイガニが好きで、カニ祭りでも紅ズワイガニのみを買います。かにみそも濃厚でとっても美味しいです。カニ祭りでは近隣の金沢産、福井産、富山産のカニを販売します。

その中でも、新湊産というきっときと市場の横にある地名の産地があるのですが、この新湊産の紅ズワイガニが大きく、また手頃な値段で購入できるので人気です。でも、大きすぎても美味しくないんです。実際購入しましたが、中身がパサッとしていたり、スカスカだったり、当たり外れがあるのでガッカリします。中~大の大きさのカニがオススメです。

ズワイガニの調理は主人の役目、味噌汁・酢の物どれも絶品で美味しい

ガッカリといえば、コストコのカニもあまりオススメできません。冷凍されたものをじっくり解凍して食べてみたんですが、やはり水揚げされたばかりのカニとは比べるまでもなくパサパサでした。都心部の方のレビューでは美味しかったとあったのですが、やはり美味しいカニを知っているので、コストコのカニ、冷凍のカニはうちでは買えません。

話が逸れましたが、カニ祭りで買ったカニはすぐに自宅に持ち帰り、その日のお昼ご飯に頂きます。普段キッチンに立たない主人が調理してくれます。

まずはカニの身をほぐし、半分をカニの甲羅に移して一品。余った殻をオーブンで焼き、お味噌汁のダシとして使い、一品。半分のカニの身をわかめと酢の物にして一品。あとは、濃厚なかにみそをトースターでじっくり焼いて一品。どれも絶品なので、是非毎日キッチンに立って欲しいものです。