ズワイガニ

ズワイガニのしゃぶしゃぶは、家族が集まるお正月の恒例ごちそう

京都府在住、51歳の女性です。毛ガニやタラバガニも美味しいですが、ズワイガニが一番好きです。ズワイガニを鍋でしゃぶしゃぶにして食べるのが美味しいです。毎年、生協のお正月用のカタログから注文しています。

生協の大人気商品、ズワイガニのポーションでしゃぶしゃぶ

元旦の朝昼はおせち料理やお雑煮を食べますが、夜は家族でかにしゃぶにします。お正月は普段バラバラの家族が集まるので、ごちそうをみんなで食べたいです。だからといって、せっかくの休みなのに自分だけバタバタと動きたくありません。

生協で注文するカニは、しゃぶしゃぶ用にポーションになっていて食べやすくなっています。解凍したらそのまま出せるので、あとは野菜の準備をするだけなので手間がかかりません。生協の先行販売で1万5,000円くらいするのですが、1週間で売り切れになる人気のズワイガニです。

食べやすいズワイガニのポーションだから、ワイワイ食べられる

毎年、バルダイ種のしゃぶしゃぶ用ズワイガニを注文して、お正月に食べるのが楽しみです。おすましのダシに、ズワイガニをしゃぶしゃぶして食べます。足の関節部分以外の殻が全部むいてあるので、しゃぶしゃぶすればパクっと食べられます。

普通にカニを食べるときは身をむくのが大変で無口になるものですが、生協のカニは食べやすくカットしてあるので、みんなでワイワイ楽しくしゃべりながら食べられます。

しゃぶしゃぶを楽しんだ後は、カニの甘みが染み出たダシに野菜や豆腐を入れて食べます。〆は、ごはんと玉子を入れて薬味に青ネギを散らした雑炊が最高です。

【夫が作ってくれたカニ料理】カニみそスープやカニしゃぶ、カニ雑炊が絶品

生協で注文するカニは食べやすいように処理されているので、ズワイガニが丸ごとは届きません。ほとんどが足の部分だけで、銅の部分もカットされて届きます。食べやすいのですが、カニみそがついていないので残念です。カニしゃぶのダシにカニみそを入れると、それはそれは美味しいスープになるのです。

夫が亡くなる前は、丸ごとのズワイガニを買ってきたときに料理してくれました。カニみそのスープに始まり、かにしゃぶ、雑炊と舌鼓を打ちました。夫が亡くなってからは、自分でズワイガニをカットできないので、生協で食べやすいように処理されたズワイガニを買うようになりました。

カニの身だけでも充分に美味しいのですが、あのカニみそのスープをもう一度飲んでみたいと懐かしく思います。