ズワイガニ

【毎年恒例の蟹旅行】城崎で温泉に浸かり、美味しい蟹が食べられて幸せ~

私は兵庫県に住む19歳の女です。三大蟹の中で1番好きなのは、ズワイガニです。理由はタラバガニはトゲトゲしており、触ると手が痛く食べるのも一苦労です。毛ガニはあまり見た目が好きではありません。それに比べて、ズワイガニはツルツルしており、細く1番食べやすいからです。

城崎の旅行で蟹を満喫し、お土産に蟹を購入して家でも蟹を食べる

私は1年に2回ほど蟹を食べます。1回目は、蟹が美味しい冬に家族と城崎へ旅行に行って食べます。旅館に泊まり温泉にゆっくり浸かった後、部屋へ戻ると美味しそうな蟹料理が並べられているのです。そして、雪を見ながら家族みんなで静かに蟹を食べ幸せな気分に浸ります。

2回目の蟹は、城崎の旅行先で親戚へのお土産のために市場で蟹を買うのですが、自分たち用にも蟹を買います。家に帰り親戚へ城崎の蟹を届け、自分たちも家で蟹を食べます。

蟹はどこを食べても、どんな調理をしても美味しいのですが、私が1番好きな食べ方は天ぷらにする事です。天ぷらにした蟹は衣はサクサク中はプリプリ、天つゆにつけて食べるのではなく塩を付けて食べます。

1度抹茶塩がある旅館で蟹の天ぷらを食べましたが、塩の中に少し抹茶の風味がありとても美味しかったです。出来ればまた食べたいのですが、どこの旅館か思い出せず毎年違う旅館に泊まっています。

冬は城崎へご褒美旅行!蟹を食べて家族みんなが笑顔になる

蟹を食べるために家族みんなで城崎へ行くのですが、城崎は雪が多い地域で冬でも雪が滅多に降らない地域に住んでいる私には、雪を見る事ができるのはとても嬉しく新鮮です。蟹を食べるだけではなく、その地域の綺麗なところを見つける事ができますし、いつもと違った景色を見ると心がとても癒されます。

蟹を食べに来たおかげで温泉にも入れますし、雪を見る事もできます。蟹を食べに行く前日は荷物の確認をし、朝の2時頃家を出て車の中で寝ます。起きると窓の外に見える雪や古い建物ばかりでとてもワクワクし、寒い事も忘れ夢中になっていました。

まるで遠足の前日ワクワクしながら眠り、ドキドキしながら知らない道を歩いて目的地で美味しいお弁当を食べた小学生の頃を思い出します。ただ蟹を食べに行くわけではなく、蟹を食べるまでに色んな物語があります。親と喧嘩していたけど蟹を食べに行く途中に自然と仲直りしたり、旅館の場所が分からずイライラしたけど、蟹を食べて笑顔になったり。

1年間頑張ったご褒美のようで、毎年冬がとても楽しみです。今年の冬も家族みんなで城崎へ蟹を食べに行く計画を立てています。蟹の話をしていると怒っていた母や仕事で疲れていた父もみんな嬉しそうな顔をするので、毎年蟹の季節がとても楽しみです。